ゴキブリの卵は赤茶色のカプセル

ゴキブリの卵というのは、非常にやっかいで見つけにくいものです。

 

普段、ゴキブリの卵を見かけることは少ないですが、ゴキブリの卵がどういうものかは知っておく必要があります。

 

ただ、画像で表示すると見ていて気持ちの良いものではないので、ここでは文章で説明をしておきます。

 

ゴキブリの卵というのは、赤茶色をした1cmくらいのカプセルのようなものです。

 

これがゴキブリの卵になります。

 

ただ、本当の卵ではなく、「卵鞘(らんしょう)」といって、この中にゴキブリの卵が入っています。

 

入っているゴキブリの卵の数は大体20~40個ほどと言われています。

 

つまり、ゴキブリの卵が孵化する時は、一度に20~40匹のゴキブリが一斉に生まれてくると想像してください。

 

非常に気持ちの悪い光景ですが、これが実際に家の中で起きています。

 

ゴキブリの卵を見つけた時は、速やかに駆除して家の中で孵化させないように気をつけましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。