ゴキブリの卵を見つけた時のゴキブリ対策のやり方

家の中を掃除していると、ゴキブリの卵を見つけることがあります。

家の中でゴキブリの卵を見つけたということは、家の中でゴキブリが繁殖をしているということを意味します。

つまり、これから数ヵ月後には家の中にたくさんのゴキブリが出るようになるということです。

ゴキブリの卵を見つけた時は、早めに対策を行っていくことでゴキブリの数が増えるのを抑えることができるので、ゴキブリを増やさないための対策を行っていくようにしましょう。

 

◆ゴキブリの卵とは?

ゴキブリの卵というのは、赤茶色のカプセルのようなものです。

ここでは写真は載せませんので、どんなものか確認をしたい方はグーグルで検索をして見てみてください。

この赤茶色のカプセルのようなものの中に、20個から40個のゴキブリの卵が入っています。

そして、この数のゴキブリの卵が、時期が来ると一斉に孵化をします。

つまり、ゴキブリの卵が孵化すると、ゴキブリの幼虫が一度に何十匹も産まれる状況、それが家の中にゴキブリの卵があるという状況だと思ってください。

 

◆ゴキブリの卵の見つけ方

ゴキブリの卵は動いたりすることはないので、見つけるのが非常に難しいです。

なので、ゴキブリの卵がよくある場所を重点的に掃除をして見つける以外に、ゴキブリの卵を見つける手段はありません。

ゴキブリの卵がよく見つかる場所としては、

・冷蔵庫の奥
・シンクの下

この2つの場所は特にゴキブリの卵が見つかりやすい場所なので、重点的に掃除をしてゴキブリの卵がないかを確認するようにしましょう。

 

◆ゴキブリの卵の捨て方

ゴキブリの卵を見つけたら、そのまま家の外に捨てるようなことをしてはいけません。

なぜなら、外に捨てたゴキブリの卵は、そこで孵化して産まれたゴキブリの幼虫が家の中に入ってくる可能性があるからです。

ゴキブリの卵は、孵化しても家の中に入ってこれないような処分の方法を選びましょう。

確実な方法は、ゴキブリの卵をトイレに流してしまう方法です。

この方法が、一番ゴキブリの卵が孵化する心配がありません。

袋に入れて袋の口をきつく縛って捨てる方法もありますが、トイレに流して処分する方法が手軽で確実な処分の方法です。

 

◆万が一ゴキブリの卵を掃除機で吸ってしまったら

家の掃除をしていると、掃除機でゴキブリの卵を吸ってしまうことがあります。

この場合は、すぐに掃除機の中からゴキブリの卵を出し、処分するようにしてください。

やってはいけないのは、掃除機で吸ってしまったゴキブリの卵をそのままにしておくこと。

そのままにしてしまうと、掃除機の中でゴキブリの卵が孵化してしまうので、絶対にそのままにしないようにしてください。

 

◆卵を産んだゴキブリを必ず駆除することが重要

ゴキブリの卵を見つけた時は、卵を処分すればそれで大丈夫というわけではありません。

ゴキブリの卵があったということは、家の中にはその卵を産んだゴキブリがいるというということになります。

なので、ゴキブリの卵を見つけたら、必ず卵を産んだ親ゴキブリを駆除する対策を行うようにしてください。

親ゴキブリの駆除は、時間をかけるとまた卵を産んでしまうので、下の写真のような業務用に作られた強力なゴキブリ駆除剤を使って短期間で駆除するようにします。

 

 

使うゴキブリ駆除剤はこちら



この駆除剤を台所やお風呂場など、家の中でゴキブリが出そうな場所に置いておきます。

市販のものに比べるとかなり強力なので、卵を産む親ゴキブリをしっかりと駆除することができます。

ゴキブリの卵が家にあった時は、必ず卵を産んだ親ゴキブリも家の中に必ずいます。

親ゴキブリを駆除しないと、いつまでも家の中かrゴキブリがいなくなることはありません。

当たり前のことですがとても重要なことなので、そのことを頭の中に入れてゴキブリ対策を行うようにしてください。



 

 

SNSでもご購読できます。