ゴキブリの幼虫というのは

ゴキブリの幼虫が出てきた時に考えないといけないのは、ゴキブリの卵が孵化したという事実です。ゴキブリ幼虫は家の外から中に入ってくるだけの力がないため、ゴキブリの幼虫が家の中に出た時は家の中でゴキブリが繁殖したと考えるのが自然です。つまり、家の中のゴキブリの数が増え始めたことを意味します。ゴキブリの幼虫というのは、ゴキブリの卵が孵化して増えるわけですが、ゴキブリの卵は一度に数十個の数の卵が一度に孵化するわけです。ということは、家の中のゴキブリの幼虫の数も少なくてもそのくらいは増えたということになります。ここが重要で、ゴキブリの幼虫が1匹しか出なかったとしても、見えないところでそれだけの数のゴキブリの幼虫が卵から孵化をしているということ。それを踏まえてゴキブリ対策を行う必要があります。

SNSでもご購読できます。