ゴキブリの卵鞘とは?

ゴキブリの卵は、卵鞘(らんしょう)という、赤茶色のカプセルのようなものに入っています。

 

この卵鞘というのは、パッと見はゴキブリの卵に見えないので、知らなければそのままにしてしまいがちです。

 

でも、この卵鞘の中には、ゴキブリの卵が何十個も入っています。

 

クロゴキブリの場合は、20~40個の卵が入っていると言われています。

 

ゴキブリの卵は、この卵鞘に守られて孵化を待ちます。

 

そして、孵化する時は、この卵鞘の中から一斉に子供のゴキブリが出てくるので、とても大変なことになります。

 

この卵鞘は、パッと見つかることもありますが、冷蔵庫の置くなどにある場合は見つけることが非常に困難です。

 

そして、駆除しようにも掃除で見つけて駆除するしか方法ないので、まずは家の中の大掃除をして見つけられる卵鞘は居つけて駆除してしまいましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。